TOPページ 新聞記事 写真コーナー 生徒さんの声 安藤歌謡学院の地図 

十勝毎日新聞社
グランプリ獲得 歌手への道へ
「ヴォーカリストオーディション2007ファイナルステージ」(タカハシ主催)がこのほど札幌市で開かれ、幕別高校2年の羽田有可里さん(17)がグランプリに輝いた。ポニーキャニオンミュージックのボイストレーニングを受け、歌手を目指す。羽田さんは「しっかりと歌の勉強をしていきたい」と張り切っている。
 同オーディションは道内4カ所で予選を開催。羽田さんは70人が参加した北見地区予選で3人の枠内に入った。今回のファイナルステージには各地の予選を勝ち抜いた18人が出場した。
 羽田さんは子供のころから歌が好きで、最近は友人たちとカラオケボックスに通っている。得意の歌はmihimaruGT(ミヒマル・ジーティー)の「恋する気持ち」。5月から本格的に歌を学ぼうと安藤和憲歌謡学院で週2回、レッスンを受けている。今年の第17回十勝歌謡世代別選手権決勝大会(十勝歌謡同好連盟主催)若年の部で準優勝するなど、成果が出始めてきた。
 羽田さんは今大会を振り返り、「すごく緊張した。裏声が難しく、完ぺきではなかった。グランプリは無理だと思った」という。「発表の瞬間は頭の中が真っ白になって信じられなかった」と興奮が冷めない様子。
 「これから本格的にボイストレーニングをして、歌手かアイドルになりたい」と羽田さん。指導した安藤さんも「ポップス歌手の素質があると思う。成長が楽しみ」と期待している。

演歌歌手を目指す
草野 真耶ちゃん
(7)
この曲いいなと思った

 「演歌歌手になりたい」。そんな思いを体いっぱいで表したステージだった。7日に帯広市民文化ホールで開かれた「市民芸術の集い」。体を揺らして表情豊かに水森かおりの「鳥取砂丘」を歌う姿に、大ホールの観客からひときわ大きな拍手が起きた。

 帯広東小2年生。2歳でバイオリンを始めて歌が大好き。童謡では輝かしい成績を残してきた。2003年の全国童謡歌唱コンクールファミリー部門で金賞。「ママが赤ちゃん」(田中ナナ作詞、林光作曲)を歌った翌年の全国大会子供部門では、見事にグランプリを受賞した。

 全国一になってからは十勝管内各地のイベントに引っ張りだこ。しかし、昨年春にすっぱりと童謡をやめ、演歌に打ち込むようになった。あるパーティーで聞いたアマチュア歌手の歌声に「メロディーも歌い方も、この曲いいなと思った」のがきっかけという。

 7歳の愛らしい表情と演歌は結びつきにくいが、毎日練習を欠かさない熱心さには家族も舌を巻く。安藤和憲歌謡学院(帯広)に通って歌唱法を学び、バイオリンを弾く姉の真由さん(14)に歌のアドバイスを受ける。

 男女間の悲しい愛や悲恋を扱う歌に、「歌詞が好き」とちょっぴり大人びた口ぶり。「拍手をもらうと歌ってよかったなと思う」と人前で歌う喜びもある。歌手を目指す道のりは始まったばかり。CDを出したい、紅白歌合戦にも出たいと、小さな体に抱いた夢は大きい。(安田義教)
[2006.05.10]
九本さん(安藤和憲歌謡学院)グランプリ カラオケ全国大会 八代亜紀の演歌熱唱

[ 2003年3月30日の記事]

 「日本カラオケスタジオ大賞全国決勝大会」がこのほど福岡県のZepp Fukuokaで開かれ、演歌部門に出場した安藤和憲歌謡学院(帯広市西14南14)所属の九本淳子さん(27)=音更町=
が見事グランプリの栄冠に輝いた。十勝から全国大会に出場するのは珍しくないが、グランプリを獲得するのはまれ。九本さんは「緊張しないでうまく歌えた。これからはほかの曲にも挑戦し、聴く人に感動を与えられたら」と目を輝かせている。(成田融)

 九本さんは21歳のころから同学院で歌を学び、ポップスを専門に歌ってきた。全国大会にはこれまで3回出場し、準優勝の経験もある。2年前に演歌に転身し、初めて歌ったのが今回、1月の予選から歌ってきた八代亜紀の「愛を信じたい」だった。
 全国の出場が決まってからは自分の歌をじっくりと聴いて、苦手部分を克服。「とにかくのどを痛めないよう心がけた。風邪をひいていなくても寝るときにマスクをして寝た」そう。
 全国大会にはプロを目指す10代から20代の若者を中心に37人が出場。「もうここまで来れば自分の歌を歌うだけ。リハーサルもあったので緊張感はなく、うまく歌えた」という。
 発表では下位の入賞者から順番に呼び上げられ、「いつまでも自分の名前が呼ばれないので、もしかしたらと思った。一番最後に名前を呼んでほしいと思った」と興奮を振り返る。グランプリの名前が呼び上げられた瞬間は「うれしかった。いままでの大会の成績で最も感動し、思わず涙がこぼれた」という。
 指導してきた安藤さんは「自分にとっても教え子が全国グランプリは初めて。九本さんは素直で頑張り屋。歌の心を伝えられるようになった」と喜びを共にしている。